ヘルメットが原因の薄毛

仕事でヘルメットを被らなければいけない方は、
薄毛が気になるからといって被らないというわけにはいきません。

 

 

被りたくないけれど被らなければいけない方は、適切な対策をしておきましょう。

 

ヘルメットを被ると薄毛になる原因として考えられることとしては、通気性の悪さです。
通気が悪くなるなるので長時間着用していると汗や皮脂により中が蒸れてしまいます。

 

蒸れると雑菌が繁殖しますので脂漏性皮膚炎などの病気にもなりやすくなります。

 

脂漏性皮膚炎になると頭皮が赤く腫れてかさぶたのような、薄い皮膚のようなものが出来てしまいます。
フケと間違えやすいですが、これは病気ですから、皮膚科で治療を受けることができます。

 

酷いフケに悩まされている方は、脂漏性皮膚炎の可能性もありますので、皮膚科を受診してみるとよいです。
通気性が悪くなりやすいのは分かっていることですから、適切な対策を事前に行いましょう。

 

まずはヘルメットそのものを清潔に保つようにしましょう。
汚れたヘルメットでは雑菌が増殖しやすくなります。中が外せるのであれば、中の部分を食器洗い用の洗剤などで洗いましょう。

 

洗ったら、しっかりとすすいで洗剤の成分を残さないことや、しっかり乾かすことを意識しましょう。

 

指定のものを使わなくても良い場合には、通気性の良い製品を購入するという方法もあります。
ヘルメットの下にタオルを巻いたりするのも効果があるのですが、役割を考えると安全性の低下に繋がりますので、
その辺は状況に応じて考えることをお勧めします。

 

 

休憩中にこまめに脱いだり、髪を乾かしたり、ヘルメットを意識して乾かすなど清潔にすることを
心がけるだけでも違いますので実践するとよいです。

 

 

蒸れて汚れた髪や頭皮を清潔にするためには、正しい洗髪をしましょう。
薄毛が気になるからと毎日シャンプーされない方もいらっしゃいますが、汚れは落とすことが必要です。
予洗いをしてから泡立てたシャンプーを頭にのせ、指の腹で優しく洗い、しっかりすすぎましょう。

 

ドライヤーで髪を適度に乾かすことも忘れないようにしましょう。自然乾燥は雑菌が繁殖する原因になるのでよくありません。
頭皮に合った育毛シャンプーを使用するというのもお勧めです。

 

 

育毛シャンプーを使うことで頭皮の環境を整えやすくなります。
育毛剤を使うのも効果的です。正しく洗ってドライヤーで適度に乾かした頭皮に、
体質に合う育毛剤を使用しましょう。

 

 

育毛剤の効果が出てくるまでには半年や一年程度の時間がかかりますが、根気強く続けましょう。

 

キャピキシル ランキング